正しい姿勢を体験しよう

前回、前々回と姿勢が悪いと身体に負担がかかることを説明しました。
今回は正しい姿勢を体験してみましょう。

(可能であれば今回の記事を見る前と、見た後で横から立ち姿を撮影し
前後の比較をすると、より面白いかと思います。)

まずは普段どおりに立ちましょう(可能であれば横から1枚写真を撮ってください。)
そして、そのまま膝立ちになってみましょう。
ただし、このとき
①膝の角度は90度にする
②足の甲が地面から離れないように気をつける
③腰を真っ直ぐ
の3点を守って行ってください。
もし姿勢が正しければ、特に問題なく行えると思います

膝から頭の先まで一直線になっていると難なく立てます

しかし、姿勢が悪い方が先程の3点を守って膝立ちをしようとすると、腰や太ももなど、体の各所にかなりの負荷がかかります。

立っている状態だとキツくない程度の猫背でも、先程の2点を守って膝立ちしようとするとかなりきついです。

いかがでしょうか?足の甲が浮きそうになったり(反り腰の方は腹筋が張ったり)知らないうちに腰が引けている状態になりませんでしたか?
(もし猫背の状態でも簡単にできた、という方は膝の角度が90度になっていないか、足の指を立てていませんか?)

私達が普段立っている時は、知らないうちに足首がバランスを取っており、無意識のうちにふくらはぎに力を入れたりして姿勢を保っています。
今回膝立ちになったことにより、足元の調整が無い状態になってもらい、負荷が分かりやすい上半身でバランスを保つ体感をしていただきました。

(最初、記事を見る前に写真を撮られた方は、是非膝立ちで正しい姿勢を撮った後に立ち上がり、もう一枚横向きの写真を撮ってみてください。)

今回、正しい姿勢を体験していただきました。
しかし、姿勢は生活の中でどうしても崩れるもの
そこで次回は、日常の中で簡単に行える姿勢改善ストレッチをお伝えしていきます。
次回も是非ご覧ください!

関連記事

PAGE TOP